2020年06月01日

篭ノ登山

篭ノ登山 2227.9m(長野県東御市、群馬県嬬恋村)
2020年5月27日(水) 同行者妻
湯の丸スキー駐車場8:55 第3リフト終点9:25 こまくさ峠10:00-05 篭ノ登山10:45-11:15 こまくさ峠11:50 第3リフト終点12:20 湯の丸スキー駐車場12:50 (3時間55分)

 湯の丸高峰林道が通行止めになっていたので急きょ篭ノ登山にする。途中林道を歩き、こまくさ峠から登山道に入る。色とりどりの新緑、そしてヤマザクラが咲く。野鳥のさえずりを聴きながら山頂へ。カッコウはひときわ響き渡っていた。
 帰途、吾妻渓谷を1時間ほど散策する。ダム下まで行こうとしたがまだそこまでは行けなかった。遊歩道を造っているところだった。

IMG_5955.JPG


篭ノ登山
IMG_5957.JPG


IMG_5958.JPG

湯ノ丸山、烏帽子岳
IMG_5959.JPG

篭ノ登山山頂
IMG_5961.JPG

黒斑山
IMG_5962.JPG

下山
IMG_5963.JPG


IMG_5966.JPG

ヤマザクラ
IMG_5967.JPG


IMG_5968.JPG


IMG_5970.JPG

吾妻渓谷
IMG_5974.JPG


IMG_5975.JPG


IMG_5977.JPG


IMG_5978.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

天狗山

天狗山 1179m(群馬県高崎市)
2020年5月25日(月) 同行者妻
駐車場7:40 登山口8:00 鏡台山コル8:25-30 天狗山9:10-40 鏡台山10:30-35 登山口11:10 榛名神社11:20-55 駐車場12:00 (4時間20分)

 山門の手前で林道に入る。登山口から荒れ気味の道だがコルからは山腹を行く快適な歩き易い道となる。山頂は展望がなくその先が展望台になっている。
 帰路は鏡台山に寄り、榛名神社に参拝した。神社はマスクをして参拝するよう方々に貼り紙がある。それで代用にバンダナを使用した。

登山口
IMG_5944.JPG

鏡台山コル
IMG_5945.JPG


IMG_5946.JPG


IMG_5948.JPG

天狗山山頂
IMG_5949.JPG


IMG_5950.JPG

榛名神社
IMG_5952.JPG


IMG_5953.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月30日

大峰山

大峰山 1254.4(群馬県みなかみ町)
2020年5月24日(日) 単独
登山口7:55 大峰沼8:45 大沼越8:55 大峰山9:45-10:00 大峰沼10:40 古池11:00-05 登山口11:20 (3時間25分)

 静かな佇まいの大峰沼はカエルの声が賑やかだ。沼一周は不可とある。それは沼縁の板敷の道が朽ちかけているからだった。大沼越から急登して平坦になれば森林欲をしながら楽に山頂に到着。山頂には無線設備が4基もある。
 山頂らしくない山頂で休んだら直接沼に向かう道を下山。登山口近くにある古池に立ち寄る。小さな沼だがモリアオガエルの繁殖地とある。だがその卵は見当たらなかった。

登山口駐車場
IMG_5934.JPG


IMG_5935.JPG

大峰沼
IMG_5937.JPG

沼の縁を行く
IMG_5938.JPG

鉄階段を降りて登る
IMG_5940.JPG

大峰山山頂
IMG_5941.JPG


IMG_5942.JPG

古池
IMG_5943.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月29日

飯士山

飯士山 1111.2m(新潟県湯沢町、南魚沼市)
2020年5月23日(土) 同行者妻
岩原スキー場8:45 登山口9:40 飯士山10:45-11:20 登山口12:00 岩原スキー場13:20 (4時間35分)

 ゲレンデにはワラビがあるので採りながら行くもきりがないので帰りに採るとする。登山口から尾根に取り付く。尾根は結構な急坂だ。灌木帯の道だがところどころで展望が得られる。山頂は360度の展望で残雪山の景色、新緑の景色といい。下山は来た道を戻る。ゲレンデでワラビを採りながら下ったら結構採れた。

岩原スキー場
IMG_5922.JPG


IMG_5923.JPG


IMG_5924.JPG


IMG_5926.JPG


IMG_5927.JPG

飯士山
IMG_5928.JPG


IMG_5929.JPG


IMG_5930.JPG


IMG_5931.JPG
posted by イッコウ at 11:17| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月18日

小野子山

小野子山 1208.4m(群馬県渋川市、高山村) 
2020年5月14日(木) 同行者妻
赤芝登山口9:05 休憩ポイント9:50 小野子山10:20-45 休憩ポイント11:10 赤芝登山口11:40 (2時間35分)

 檜の日陰の道は涼しくて助かる。木の香りもする。高山のゴヨウツツジはあまり咲いていなかった。

赤芝登山口
IMG_5911.JPG


IMG_5912.JPG


IMG_5913.JPG

谷川岳
IMG_5914.JPG

高山のゴヨウツツジ
IMG_5915.JPG


IMG_5916.JPG


IMG_5917.JPG


IMG_5919.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

戸神山

戸神山 771.7m(群馬県沼田市)
2020年5月13日(水) 単独
登山口8:20 戸神山9:10-20 高王山9:55-10:00 戸神山10:35-40 登山口11:20 (3時間)

 岩場の急登だが足場が多くあり登り易い。山頂からの景色は黄砂が飛来してはっきりしない。山頂は暑い。新緑の気持いいルートで涼しさも感じながら高王山をピストンしてまた戸神山に戻る。下山では登って来る子供連れに多く会うようになる。

可愛い子が迎えてくれる
IMG_5902.JPG

子持山
IMG_5903.JPG

戸神山山頂
IMG_5904.JPG

高王山
IMG_5905.JPG


IMG_5906.JPG


IMG_5907.JPG

高王山山頂
IMG_5908.JPG

チゴユリ
IMG_5909.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

子持山

子持山 1296.2m(群馬県渋川市、沼田市)
2020年5月12日(火) 同行者妻
6号橋登山口7:50 獅子岩9:15-30 子持山10:20-50 大タルミ11:25 6号橋登山口12:25 (4時間35分)

 尾根にはヤマツツジが見頃でさらに行けばミツバツツジが咲き始めている。獅子岩は鉄梯子と鎖を頼って登る。一段と展望が開ける。全般的に険しい道が多かったが山頂に着いてホッとする。が下山も急下降の道が長く続いた。

登山口
IMG_5887.JPG

ヤマツツジ
IMG_5888.JPG


IMG_5889.JPG


IMG_5891.JPG

獅子岩に登る
IMG_5893.JPG

子持山
IMG_5894.JPG

獅子岩
IMG_5898.JPG


IMG_5900.JPG

子持山山頂
IMG_5901.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

湯ノ丸山

湯ノ丸山 2101m(群馬県嬬恋村、長野県上田市、東御市)
2020年5月11日(月) 同行者妻
地蔵峠9:45 鐘分岐10:20 湯ノ丸山10:00-30 鞍部12:00 中分岐12:30 地蔵峠12:55 (3時間10分)

 風が少しあり冷たくて気持ちいい。残雪もなく新緑もないので少し物足りなかった。 

IMG_5876.JPG


IMG_5879.JPG


IMG_5880.JPG


IMG_5881.JPG

湯ノ丸山山頂
IMG_5882.JPG

烏帽子岳
IMG_5884.JPG


IMG_5885.JPG

八ツ場ダムは水が満杯
IMG_5886.JPG
posted by イッコウ at 09:46| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月01日

焼額山

焼額山 2013m(長野県山ノ内町)
2020年4月28日(火) 同行者妻
スキー駐車場9:15 登山口9:45 焼額山11:20-12:00 登山口12:45 スキー駐車場13:15 (4時間)

 駐車場からダイヤモンドスキー場のゲレンデを横切っていく。登山口を探しながら小川をスノーブリッジで越えたら登山口を見つけた。がその先も登山道は分からない。適当に登ってゲレンデに出たら後はゲレンデを登るだけ。ロープウェイ山頂駅から山頂はすぐそこ。
 山頂は平らで雪原になっていた。稚児池がどこだか分からない。適当に進んでみてからスマホで確認したら池の上を横切っていた。ゲレンデの下山は景色を眺めたりよそ見をしながらでもつまずきはしない。楽で速い。
 外出自粛要請もあるので、これから連休明けまで山行は控えるようにしよう。

IMG_5855.JPG


IMG_5856.JPG


IMG_5857.JPG


IMG_5859.JPG

笠ケ岳
IMG_5863.JPG


IMG_5866.JPG

もうすぐ山頂
IMG_5867.JPG

焼額山山頂
IMG_5868.JPG


IMG_5870.JPG

岩菅山
IMG_5871.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月30日

八間山

八間山 1934.5m(群馬県中之条町)
2020年4月27日(月) 同行者妻
池の峠駐車場8:40 八間山10:30-11:05 池の峠駐車場12:15 (3時間25分)

 晴れているのに雪がチラついている。雪は案外多く残っていてつぼ足で行く。残雪は日陰は固いが日向は潜る。途中からワカンやつぼ足の跡と合流した。周りの山はまだ雪景色で、山頂もかなりの雪が残っていて雪山を楽しむことができた。

IMG_5832.JPG


IMG_5836.JPG

野反湖
IMG_5839.JPG


IMG_5841.JPG


IMG_5846.JPG


IMG_5847.JPG

白砂山
IMG_5848.JPG


IMG_5849.JPG



IMG_5851.JPG



IMG_5854.JPG
posted by イッコウ at 09:36| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月23日

桟敷山

桟敷山 1931m(群馬県嬬恋村)
2020年4月20日(月) 同行者妻
登山口9:00 桟敷山10:05-10 登山口10:55 (1時間55分)

 降るのは雪かと思ったら雨。その雨が止みそうになったので登り始める。でも雨はまた降りだし途中で雨具を着ける。上に行けば雪は案外多く残っていてつぼ足で進む。時には雪穴に落ちたりする。

登山口
IMG_5820.JPG


IMG_5822.JPG


IMG_5824.JPG


IMG_5825.JPG


IMG_5826.JPG


IMG_5827.JPG


IMG_5828.JPG


IMG_5830.JPG

桟敷山山頂
IMG_5831.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月22日

上州三峰山

上州三峰山 1122.5m(群馬県沼田市、みなかみ町)
2020年4月19日(日) 単独
登山口9:10 河内神社9:25 三峰山11:00-30 三峰沼12:40 河内神社13:00 登山口13:15 (4時間5分)

 赤松林の道、花はなく木は芽吹き始めたばかりなのでまだ冬枯れのようだ。小さな起伏を越えていく平坦な道が長く続いたまま山頂に到着。望める谷川方面はガスっていた。

河内神社
IMG_5811.JPG


IMG_5812.JPG


IMG_5813.JPG


IMG_5814.JPG


IMG_5816.JPG

三峰沼
IMG_5817.JPG

子持山
IMG_5818.JPG

赤城山
IMG_5819.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月21日

下権現堂山、坂戸山

権現堂山 997.7m(新潟県魚沼市)
2020年4月17日(金) 同行者妻
戸隠神社8:20 弥三郎清水9:35-40 下権現堂山10:15-50 弥三郎清水11:10 戸隠神社12:10-15=登山口13:20-25 坂戸山14:45-55 登山口15:35 (3時間50分、2時間20分)

 新緑になりかけている道、タムシバや椿が咲く。暑い日、弥三郎清水がうまい。山頂付近にはまだ雪が残っている。スパッツなしでは周回コースは採れない。上権現堂山に向かう人もいたが我々はここから戻る。
 30kmほど走って坂戸山登山口へ。登りはカタクリの花を観ながら、下りはタムシバを観ながら周回コースで戻った。周辺の桜の花が見頃だ。

IMG_5768.JPG


IMG_5769.JPG

タムシバ
IMG_5770.JPG


IMG_5773.JPG

弥三郎清水
IMG_5775.JPG

イワウチワ
IMG_5776.JPG

下権現堂山山頂
IMG_5780.JPG

上権現堂山
IMG_5781.JPG

越後駒ケ岳と八海山
IMG_5782.JPG


IMG_5783.JPG

坂戸城跡
IMG_5792.JPG


IMG_5794.JPG


IMG_5798.JPG

カタクリ
IMG_5799.JPG

ショウジョウバカマ
IMG_5801.JPG

坂戸山山頂
IMG_5802.JPG


IMG_5810.JPG
posted by イッコウ at 10:08| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月13日

向山

向山 1323.4m(群馬県みなかみ町)
2020年4月7日(火) 同行者妻
奥利根スキー駐車場7:45 レストハウス8:10-15 第四リフト終点9:45-10:00 向山10:40-11:00 第四リフト終点11:25 レストハウス12:10 奥利根スキー駐車場12:40 (4時間55分)

 営業を終えたスキー場、ゲレンデの雪は消えフキノトウが顔を出しているので採りながら登る。リフトが動き出し、作業員を乗せていく。雪上車がスノーマシンを回収していた。
 スノーシューを履いてゲレンデから山道に入る。が、夏道の出ているところが多くまもなく脱ぐ。熊の足跡があるというので熊鈴に加え笛も吹きながら登った。山頂付近は雪が多かった。

IMG_5751.JPG


IMG_5752.JPG


IMG_5754.JPG

スノーマシーンを運搬
IMG_5755.JPG

谷川岳
IMG_5758.JPG


IMG_5759.JPG


IMG_5761.JPG

もうすぐ山頂
IMG_5763.JPG

下山
IMG_5765.JPG


IMG_5766.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月12日

稲包山

稲包山 1597.9m(群馬県中之条町、みなかみ町)
2020年4月6日(月) 単独
駐車地7:40 下の鉄塔8:40-45 上の鉄塔9:25-30 稲包山10:00-15 上の鉄塔10:35-50 下の鉄塔11:25 駐車地12:10 (4時間40分)

 雪降りの中を出発。登山道には歩った跡があってそれを辿るので楽だった。が、それは下の鉄塔までだった。鉄塔手前でアイゼンを着ける。雪の急斜面、ルートを探しながら登る。上の鉄塔に近づくと気持ちいい登行となる。見えてきた稲包山は霧氷となっていて寒そう。春の支度で来たのだ。
 鉄塔から尾根を行き、山頂直下の急坂を登って山頂に。周りの山は降ったばかりの雪で白い。雪は小降りとなり青空が出てきた。

IMG_5715.JPG

本降り
IMG_5718.JPG


IMG_5719.JPG


IMG_5720.JPG


IMG_5727.JPG


IMG_5729.JPG

稲包山山頂
IMG_5737.JPG


IMG_5739.JPG


IMG_5741.JPG


IMG_5743.JPG


IMG_5744.JPG

三国山と大源太山
IMG_5748.JPG

稲包山
IMG_5749.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

松岩山

松岩山 1512.1m(群馬県中之条町)
2020年4月5日(日) 単独
登山口8:05 マタギ平8:35 天狗岩入口9:10 松岩山9:40-10:00 天狗岩10:30-50 マタギ平11:20 登山口11:50 (3時間45分)

 林道とその先の登山道に4本ほどの倒木があり、処理されていないので通過しにくい。雪は谷筋だけにあり雪を踏むことは少なかった。山頂は開けているが展望は得られないので下山時天狗岩に寄って展望を楽しみながら休憩する。

IMG_5702.JPG

マタギ平
IMG_5703.JPG


IMG_5704.JPG

草津白根山
IMG_5707.JPG

八間山
IMG_5708.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

笠倉山

笠倉山 907.0m(新潟県魚沼市、南魚沼市)
2020年4月4日(土) 単独
宝泉寺8:00 大力山8:40-45 黒禿ノ頭10:20-30 笠倉山11:20-35 黒禿ノ頭12:00-05 大力山13:20-25 宝泉寺14:00 (6時間)

 ハンターがいて双眼鏡で熊を探していた。もう熊の現れる時期のようだ。黒禿ノ頭までとしていたが笠倉山へ行けば景色が一段と良くなると言われて行くことにする。
 地元の人の後をついて行く。雪を多く踏むようになり雰囲気が良くなる。山頂からは360度の大展望。越後駒ケ岳や八海山が近い。

登山口
IMG_5667.JPG

大力山山頂
IMG_5672.JPG


IMG_5678.JPG


IMG_5680.JPG

黒禿ノ頭山頂
IMG_5682.JPG


IMG_5684.JPG

笠倉山
IMG_5687.JPG


IMG_5688.JPG


IMG_5689.JPG

越後駒ケ岳
IMG_5690.JPG

八海山
IMG_5692.JPG

カモシカ
IMG_5693.JPG

浅草岳
IMG_5694.JPG

タムシバ
IMG_5696.JPG


IMG_5697.JPG

カタクリ
IMG_5699.JPG

ショウジョウバカマ
IMG_5701.JPG
posted by イッコウ at 09:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月09日

鍋蓋山

鍋蓋山 1829.0m(群馬県嬬恋村)
2020年4月3日(金) 同行者妻
鹿沢スキー駐車場8:45 第五リフト終点10:05-10 角間山分岐10:40 鍋蓋山10:55-11:35 第五リフト終点11:55-12:00 鹿沢スキー駐車場12:30 (3時間45分)

 フェンスに沿って登るが山に入る扉は雪のため開かないので乗り越える。ゲレンデに出て営業を終えたゲレンデを登る。かなりの急坂だが雪面が固く登りやすい。ゲレンデ歩き40分でリフト終点。そこからは幅広の道を行く。角間山分岐に出れば山頂はもうすぐだ。
 風がなくぽかぽか陽気なのでのんびり食事。下山は来た道を戻るが、再びゲレンデ歩き。展望を楽しみながらさくさくと下る。ゲレンデ縁を辿ったまま駐車場に戻る。

IMG_5645.JPG

ゲレンデを登る
IMG_5649.JPG


IMG_5651.JPG


IMG_5652.JPG


IMG_5656.JPG


IMG_5657.JPG


IMG_5658.JPG

四阿山
IMG_5660.JPG

浅間山
IMG_5661.JPG

角間山
IMG_5663.JPG


IMG_5666.JPG
posted by イッコウ at 09:16| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月02日

榛名富士

榛名富士 1390.3m(群馬県高崎市)
2020年3月24日(火) 単独
登山口10:00 榛名富士10:55-11:05 登山口11:50 登山口12:15 (2時間15分)

 強い雪降りだが登る時には止みかけていた。薄く積もった雪道を登ること55分で山頂に着いてしまった。静かな山頂、ロープウェイで来る人は少ない。下山は南側の登山口に戻る。そして車道を歩って北側の登山口に戻った。

IMG_5627.JPG


IMG_5629.JPG

烏帽子ケ岳
IMG_5631.JPG


IMG_5632.JPG

もうすぐ山頂
IMG_5634.JPG


IMG_5635.JPG


IMG_5638.JPG


IMG_5639.JPG


IMG_5641.JPG

掃部ケ岳
IMG_5643.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月01日

三方ケ峰

三方ケ峰 2040.7m(長野県東御市)
2020年3月23日(月) 単独
湯の丸スキー駐車場9:10 見晴岳10:35 三方ケ峰10:5511:25 こまくさ峠12:00-05 第3リフト終点12:30-35 スキー駐車場13:00 (3時間50分)

 トレースがあるので道を探しながら行く必要がないので楽だ。雪の少ないところがあるがスノーシューを履いたまま通過する。三方ケ峰山頂も雪は少ない。風が少なくベンチでゆっくと。
 下山は池の平を通ってコマクサ峠に出た。後は林道を辿るが、スノーモービルの轍が雪景色を見苦しくしていた。

IMG_5612.JPG


IMG_5614.JPG

烏帽子岳
IMG_5615.JPG

池の平
IMG_5618.JPG


IMG_5619.JPG


IMG_5621.JPG


IMG_5622.JPG


IMG_5625.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする