2020年09月01日

土鍋山

土鍋山 1999.5m(群馬県嬬恋村、長野県須坂市) file no.1812
2020年8月29日(土) 同行者妻
毛無峠9:00 五味池分岐9:45-50 土鍋山10:15-45 破風岳11:25-45 毛無峠12:15 (3時間15分)
 笹のジグザグ道は風があるがムンムンしていて暑い。登り上げて木陰の道は涼しい。県境稜線トレイルである道は良く刈り払いされている。土鍋山の三角点まで行ってみた。
 戻って破風岳山頂は賑やかだ。展望もいいのでしばし毛無峠で飛ばしている模型セスナ機を見る。毛無峠は避暑を求める人達など訪れる人が多い。下山後は濁り湯の万座温泉で汗を流した。

IMG_6702.JPG


IMG_6703.JPG


IMG_6705.JPG


IMG_6707.JPG

五味池分岐
IMG_6708.JPG

土鍋山
IMG_6709.JPG

土鍋山山頂
IMG_6710.JPG

毛無峠
IMG_6711.JPG

破風岳山頂
IMG_6713.JPG

リンドウ
IMG_6714.JPG


IMG_6715.JPG


IMG_6716.JPG

ガンコウラン
IMG_6719.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

巻機山

巻機山 1967m(新潟県南魚沼市、群馬県みなかみ町) file no.1811
2020年8月28日(金) 単独
駐車場7:45 五合目8:40-45 ニセ巻機山10:40 巻機山10:10 牛ケ岳10:40-50 巻機山12:15-20 避難小屋12:35-50 ニセ巻機山13:00 五合目14:30-35 駐車場15:20 (7時間35分)

 六合目を過ぎると時々展望が得られるようになる。ガレた道を行き、ニセ巻機山の登りを頑張れば巻機山のなだらかな斜面が見えてくる。笹の草原を辿って山頂へ。さらになだらかな道を辿って牛ケ岳まで足を延ばした。

IMG_6677.JPG


IMG_6678.JPG


IMG_6680.JPG


IMG_6681.JPG

イワショウブ
IMG_6682.JPG


IMG_6688.JPG

巻機山山頂
IMG_6689.JPG


IMG_6690.JPG

牛ケ岳
IMG_6693.JPG

南魚沼の田園
IMG_6694.JPG


IMG_6695.JPG


IMG_6699.JPG

巻機山避難小屋
IMG_6700.JPG
posted by イッコウ at 09:28| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月23日

唐松岳2日目

唐松岳 2695.9m(長野県白馬村、富山県黒部市) file no.1810-2
2020年8月20日(木)〜21日(金) 単独
21日 唐松岳キャンプ地6:05 白岳8:30-35 大遠見山10:20-30 アルプス平12:40 (6時間35分)

 最初の牛首のクサリ場は長く続いた。それを過ぎれば展望の利いた稜線歩き。風があって心地良い。五竜山荘には寄らず白岳から急下降していく。こんな高いところでアサギマダラが舞っていた。
 だんだん疲れが出てきた。塩飴なめて元気を出す。中遠見山の登り返しが辛い。先ほど小遠見山直下では熊が出てドスンドスンと音をたてて逃げて行ったとか。

剣岳
IMG_6658.JPG

五竜岳
IMG_6659.JPG


IMG_6663.JPG


IMG_6665.JPG


IMG_6666.JPG

カライトソウ
IMG_6667.JPG

唐松岳
IMG_6670.JPG

タテヤマリンドウ
IMG_6671.JPG


IMG_6672.JPG

鹿島槍ケ岳
IMG_6673.JPG

イブキジャコウソウ
IMG_6674.JPG

ミヤマトウキ
IMG_6675.JPG


IMG_6676.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

唐松岳1日目

唐松岳 2695.9m(長野県白馬村、富山県黒部市) file no.1810-1
2020年8月20日(木)〜21日(金) 単独
20日 八方池山荘8:10 八方池9:05-10 丸山10:50-55 唐松岳キャンプ地12:10 (4時間)

 コロナ禍の関係の申請をしてゴンドラに乗り込む。登るのが一生懸命でザックを降ろして花を撮る余裕がない。途中からルートが変更され尾根通しに登って山荘裏手のピークに出た。山荘内はマスク必要で、バンダナで代用した。
 すぐにキャンプ地でテントを張る。テントは山荘から近いところに張ることが出来た。テントの中は暑いが横になりたくて我慢する。1時間休んで唐松岳山頂に向かう。25分ほどで山頂でガスが巻きぎみ。

うさぎ平
IMG_6628.JPG


IMG_6629.JPG

八方池
IMG_6631.JPG

白馬三山
IMG_6633.JPG


IMG_6634.JPG

タムラソウ
IMG_6635.JPG

シモツケソウ
IMG_6636.JPG


IMG_6641.JPG


IMG_6643.JPG

剣岳
IMG_6644.JPG

唐松岳とマイテント
IMG_6645.JPG


IMG_6648.JPG

天狗ノ頭と不帰ノ嶮
IMG_6650.JPG


IMG_6651.JPG


IMG_6652.JPG


IMG_6655.JPG


IMG_6656.JPG
posted by イッコウ at 10:33| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

岩菅山

岩菅山 2295.3m(長野県山ノ内町) file no.1809
2020年8月15日(土) 同行者妻
登山口8:55 荒板沢9:25 ノッキリ10:40-50 岩菅山11:25 裏岩菅山12:20-40 岩菅山13:25-35 ノッキリ14:00-05 荒板沢15:00-05 登山口15:30 (6時間35分)

 荒板沢からの少しの急登と山頂への登りが急登であとは楽な道だった。さらに裏岩菅山へも稜線歩きで気持ちいい。花は以外と少なかった。帰途、草津温泉のホテルで汗を流した。

IMG_6603.JPG

荒板沢
IMG_6604.JPG

岩菅山
IMG_6606.JPG

ツリガネニンジン
IMG_6608.JPG

岩菅山山頂
IMG_6610.JPG

裏岩菅山
IMG_6612.JPG


IMG_6615.JPG


IMG_6617.JPG

裏岩菅山山頂
IMG_6619.JPG

岩菅山
IMG_6622.JPG

コゴメグサ
IMG_6623.JPG

アキノキリンソウ
IMG_6624.JPG


IMG_6625.JPG

リンドウ
IMG_6626.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月19日

谷川岳

谷川岳 1977m(群馬県みなかみ町、新潟県湯沢町) file no.1808
2020年8月14日(金) 単独
駐車場8:10 登山口8:25 ガレ沢ノ頭10:35 ザンゲ岩11:45 トマノ耳12:15-45 天狗ノ留まり場13:20-30 熊穴沢避難小屋13:55-14:05 天神平14:45 (6時間35分)

 西黒尾根の急登をもくもくと登る。展望が得られるようになり、クサリ場を何度か乗り越えながら高度を上げていく。花を観ながら景色を楽しみながらも急登の連続だ。山頂に着けばガスが去来していて新潟県側は全く見えず。オキノ耳は割愛する。
 下山は西黒尾根のクサリ場を下るのは遠慮して天神平へ向かう。ロープウェイは大混雑で乗るまで50分待たされた。

IMG_6571.JPG

ヤマユリ
IMG_6573.JPG


IMG_6576.JPG

天神平
IMG_6577.JPG

朝日岳
IMG_6580.JPG


IMG_6583.JPG

ガレ沢ノ頭
IMG_6585.JPG


IMG_6588.JPG

シモツケソウ
IMG_6590.JPG


IMG_6591.JPG


IMG_6592.JPG

トマノ耳
IMG_6594.JPG

オキノ耳
IMG_6595.JPG


IMG_6597.JPG


IMG_6600.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月18日

武尊山

武尊山 2158.0m(群馬県みなかみ町、川場村) file no.1807
2020年8月13日(木) 単独
武尊牧場キャンプ場7:55 武尊避難小屋9:05-10 中ノ岳南肩10:45 武尊山11:15-45 中ノ岳南肩12:15 武尊避難小屋13:45-50 武尊牧場キャンプ場15:10 登山者駐車場15:20 (7時間25分)

 駐車場からキャンプ場までシャトルバスで送ってもらう。幅広のブナ林の道を緩やかに登っていく。シラビソ帯に入り傾斜が増して来たら間もなく中ノ岳のロープの下がる岩場となる。登り上げれば中ノ岳の南肩までのんびりルート。さらに山頂まで展望を楽しみながら登る。山頂は若者が多かった。
 山頂で雨が来た。本降りになりそうなので雨具を着たが雨は10分も降らないで止んだのですぐ脱ぐはめに。とんだ騒がせものだった。

IMG_6536.JPG


IMG_6537.JPG

武尊避難小屋
IMG_6540.JPG


IMG_6544.JPG

リンドウ
IMG_6548.JPG


IMG_6549.JPG


IMG_6551.JPG

日本武尊像
IMG_6552.JPG

剣ケ峰山
IMG_6554.JPG

中ノ岳
IMG_6555.JPG


IMG_6556.JPG

シシウド
IMG_6563.JPG

武尊牧場キャンプ場
IMG_6567.JPG

ヤナギラン
IMG_6569.JPG
posted by イッコウ at 10:28| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月10日

白砂山

白砂山 2139.8m(群馬県中之条町、長野県栄村) file no.1806
2020年8月7日(金) 同行者妻
登山口7:45 地蔵峠8:30 堂岩山10:15 白砂山11:45-12:05 堂岩山13:15 地蔵峠14:50 登山口15:30 (7時間45分)

 比較的傾斜の緩い道だが樹林帯の為ほとんど展望は得られない。堂岩山からは展望が得られここからやっと楽しめる登行に。花も見られるようになり、夏の花が咲き盛りだ。霞が掛かっていて景色ははっきりしない。
 樹林帯の下山は長い。メボソムシクイの鳴き声に慰められながらひたすら下った。次ぐ日はせんべい平でアサギマダラと遊ぶ。

IMG_6496.JPG

ハンノキ沢を渡る
IMG_6497.JPG


IMG_6498.JPG

白砂山
IMG_6499.JPG


IMG_6501.JPG

シシウド
IMG_6504.JPG

コキンレイカ
IMG_6506.JPG

マルバダケブキ
IMG_6507.JPG


IMG_6511.JPG

ハクサンフウロ
IMG_6513.JPG

下山
IMG_6515.JPG

佐武流山
IMG_6516.JPG

アサギマダラ
IMG_6526.JPG


IMG_6527.JPG
posted by イッコウ at 09:56| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月07日

苗場山

苗場山 2145.2m(新潟県湯沢町、長野県栄村)file no.1805-3
2020年8月4日(火) 単独
祓川駐車場5:50 和田小屋6:15 下ノ芝7:15-20 中ノ芝7:55-8:00 神楽ケ峰8:30-35 苗場山9:50-10:25 神楽ケ峰11:35-40 中ノ芝12:05-10 下ノ芝12:35 和田小屋13:20 祓川駐車場13:40 (7時間50分)

 ゲレンデからすぐに山道に入る。石の多い歩きにくい道だが傾斜はきつくない。下ノ芝からも相変わらずの石のある道。中ノ芝まで来ると大分登って来た感がある。
 神楽ケ峰から下りに変わり、途中の雷清水で旨い水を貰う。鞍部まで下るとお花畑が広がる。そして最後の登りを頑張って登山口から4時間掛かって山頂に着いた。

かぐらスキー場
IMG_6454.JPG


IMG_6455.JPG

下ノ芝
IMG_6456.JPG


IMG_6457.JPG


IMG_6461.JPG

コオニユリ
IMG_6462.JPG


IMG_6463.JPG

オタカラコウ
IMG_6464.JPG

タカネナデシコ
IMG_6466.JPG

コキンレイカ
IMG_6470.JPG

苗場山
IMG_6473.JPG

ツリガネニンジン
IMG_6474.JPG


IMG_6478.JPG


IMG_6481.JPG


IMG_6483.JPG

ウツボグサ
IMG_6484.JPG

神楽ケ峰
IMG_6485.JPG

シモツケソウ
IMG_6486.JPG


IMG_6490.JPG


IMG_6491.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

守門岳

守門岳 1537.3m(新潟県魚沼市、三条市) file no.1805-2
2020年8月3日(月) 単独
大原登山口6:30 エデシ7:05 小烏帽子8:25 守門岳9:15-50 小烏帽子10:20 エデシ11:30 大原登山口12:00 (5時間30分)

 ワラビ畑の中を行くといきなりブナ林の急登。岩場もあったりする急登は1時間20分ばかり続いてやっと緩やかになる。そして沢へと下って行く。沢の冷たい水が気持ちいい。高曇り空で助かるが汗が出る。
 分岐で草道の緩やかなルートになってそのまま尾根をたどれば間もなく山頂。山頂には赤トンボが邪魔になるほど飛んでいる。下山は来た道を引き返す。相前後して下った単独女性は日本300名山をあと6座残すだけとか。

IMG_6430.JPG

キンコウカ
IMG_6432.JPG


IMG_6434.JPG

守門岳
IMG_6435.JPG

守門岳山頂
IMG_6437.JPG

山頂から派生する尾根
IMG_6439.JPG

青雲岳と大岳
IMG_6440.JPG


IMG_6443.JPG

クガイソウ
IMG_6445.JPG

オニヤンマ
IMG_6449.JPG


IMG_6451.JPG


IMG_6452.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月05日

鬼ケ面山

鬼ケ面山 1465.1m(新潟県魚沼市、福島県只見町)file no.1805-1
2020年8月2日(日) 単独
六十里登山口9:20 反射板10:20 南岳11:20-30 鬼ケ面山12:05-50 南岳13:20-25 反射板14:10-20 六十里登山口15:05 (5時間45分)

 最初は適度な傾斜の登りが続く。小さな流れを越えて行くので水が得られる。冷たい水だ。南岳手前で展望が得られ浅草岳を望めるようになる。展望を楽しみながら行くが、山頂はもう少し先かと思ったら突然着いた。狭い山頂だ。浅草岳まで足を延ばす力はないのでここから引き返す。田子倉から浅草岳を周回する人が2人もいた。

IMG_6409.JPG


IMG_6410.JPG

田子倉湖
IMG_6412.JPG


IMG_6414.JPG

浅草岳
IMG_6415.JPG

南岳
IMG_6416.JPG


IMG_6417.JPG

アカモノの実
IMG_6420.JPG

鬼ケ面山山頂
IMG_6423.JPG


IMG_6424.JPG

南岳
IMG_6427.JPG

ヒョウモンチョウ
IMG_6428.JPG
posted by イッコウ at 15:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月16日

大源太山

大源太山 1764.1m(群馬県みなかみ町) file no.1804
2020年7月13日(月) 単独
三国トンネル7:40 三国峠8:15 三角山10:10 大源太山10:35-11:00 三角山11:20 三国峠13:00-05 三国トンネル13:35 (5時間55分)

 ニッコウキスゲやシモツケソウが咲いている。三国山山腹の登山道では刈り払い作業中だった。刈り払いは平標山方面までずっと済んでいた。山頂付近からガスに巻かれてきた。山頂は赤トンボがうるさいくらい飛んでいる。曇り空、日差しが出てきたので日焼け止めを塗ったがそれは束の間だった。

トンネル工事中
IMG_6384.JPG

ギンリョウソウ
IMG_6385.JPG

三国峠
IMG_6386.JPG


IMG_6387.JPG


IMG_6391.JPG

平標山
IMG_6393.JPG

大源太山
IMG_6394.JPG


IMG_6396.JPG

三角山山頂
IMG_6399.JPG


IMG_6400.JPG


IMG_6402.JPG

ニッコウキスゲ
IMG_6403.JPG

ギボウシ
IMG_6405.JPG

シモツケソウ
IMG_6406.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月15日

鹿俣山

鹿俣山 1636.7m(群馬県沼田市、みなかみ町) fire no.1803
2020年7月12日(日) 同行者妻
センターハウス8:40 ブナ平9:50 鹿俣山11:05-55 ブナ平13:05 センターハウス13:35 (4時間55分)

 玉原湿原には花は見られなかった。途中から雨が来て、雨のブナ林の登行となる。間もなく止むが気温が低くなり寒い。道は刈り払いされたばかりで快適だ。ゲレンデにはヨツバヒヨドリが多く咲いているがアサギマダラはまだ来ないのか。

玉原湿原
IMG_6359.JPG


IMG_6362.JPG


IMG_6364.JPG


IMG_6367.JPG


IMG_6368.JPG


IMG_6371.JPG


IMG_6372.JPG


IMG_6373.JPG

鹿俣山山頂
IMG_6374.JPG

赤城山
IMG_6375.JPG


IMG_6377.JPG


IMG_6380.JPG


IMG_6382.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月14日

相馬山

相馬山 1411m(群馬県高崎市、渋川市)file no.1802
2020年7月10日(金) 単独
ゆうすげの道入口10:00 スルス峠10:20 相馬山11:10-25 スルス峠12:05 ゆうすげの道入口12:35 (2時間35分)

 ゆうすげの道はユウスゲはあまり見られないし花が少ない。相馬山に取り付くと急坂。鉄梯子が三か所に。コアジサイの花がいっぱい咲いていた。

IMG_6346.JPG

カワラナデシコ
IMG_6348.JPG

榛名富士
IMG_6349.JPG


IMG_6350.JPG


IMG_6351.JPG


IMG_6353.JPG


IMG_6354.JPG

コアジサイ
IMG_6356.JPG

相馬山山頂
IMG_6357.JPG
posted by イッコウ at 09:33| Comment(0) | 関東の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月02日

平標山

平標山 1983.8m(新潟県湯沢町、群馬県みなかみ町) file no.1801
2020年6月29日(月) 同行者妻
登山口駐車場7:25 鉄塔8:25 松手山9:00-05 平標山10:35-11:10 平標山の家11:50-12:00 登山口13:10-15 登山口駐車場14:10 (6時間45分)

 松手山から展望コースかと思いきやガスがかかって景色は見えない。足元の花などを観ながら登る。山頂に着くもガスの中だ。下り始めてやっと青空を見るようになる。山の家から下る途中、ヤブの中から唸る声がしたが熊なのか。早速鈴を鳴らす。登山口にはしっかり熊出没の看板が。

IMG_6312.JPG


IMG_6315.JPG


IMG_6316.JPG


IMG_6318.JPG


IMG_6319.JPG

ヨツバシオガマ
IMG_6323.JPG


IMG_6326.JPG

オノエラン
IMG_6327.JPG


IMG_6329.JPG


IMG_6334.JPG


IMG_6335.JPG


IMG_6339.JPG

仙ノ倉山
IMG_6341.JPG

平標山
IMG_6343.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月01日

烏帽子岳

烏帽子岳 2066m(長野県東御市、上田市) file no.1800
2020年6月28日(日) 単独
地蔵峠10:35 鞍部11:30 烏帽子岳12:30-13:05 鞍部13:50-55 地蔵峠14:45 (4時間10分)

 地蔵峠に着けば雨は止んでいた。雨上がりのため水溜まりや泥んこ道がある。が木々が瑞々しい。花も多く見られグンナイフウロやハクサンチドリなど。山頂はガスが去来するので景色はいまいちだった。登山回数1800回となる。

IMG_6288.JPG


IMG_6291.JPG

湯ノ丸山
IMG_6292.JPG

グンナイフウロ
IMG_6297.JPG

ハクサンチドリ
IMG_6299.JPG

烏帽子岳
IMG_6301.JPG

クロマメノキ
IMG_6305.JPG

烏帽子岳山頂
IMG_6306.JPG


IMG_6308.JPG

篭ノ登山
IMG_6309.JPG

ミヤマキンポウゲ
IMG_6310.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月30日

赤石山

赤石山 2109m(長野県山ノ内町、群馬県中之条町)file no.1799
2020年6月27日(土) 同行者妻
硯川8:45 四十八池9:50-10:00 忠右衛門新道分岐11:40-50 赤石山12:10-40 四十八池14:15-20 硯川15:10 (6時間25分)

 志賀高原ではタケノコ採りは新型コロナの関係で入山人数制限を行っていた。登り上げるとワタスゲの群落が迎えてくれる。渋池の周りにもワタスゲが咲く。四十八池にはヒメシャクナゲが可憐に咲く。ここから登山道に入るが、水が流れていたりぬかるんでいたりと歩き難いところがある。
 笹に囲まれた道をしばらくの我慢。でも少々タケノコを採ることが出来た。帰宅して、煮物にサラダに。山頂からの展望がいい。大沼池の青い湖面が目立つ。野反湖へのルートは刈り払いされているようだ。その方から来た人がいた。チャツボミゴケ付近から周回するとのことでかなりロングだ。

IMG_6250.JPG

ワタスゲ
IMG_6254.JPG

渋池
IMG_6256.JPG


IMG_6257.JPG

志賀山と四十八池
IMG_6258.JPG

ヒメシャクナゲ
IMG_6260.JPG


IMG_6262.JPG


IMG_6265.JPG

アカモノ
IMG_6267.JPG

赤石山
IMG_6271.JPG


IMG_6272.JPG

大沼池
IMG_6275.JPG


IMG_6277.JPG


IMG_6278.JPG


IMG_6279.JPG

マイヅルソウ
IMG_6281.JPG


IMG_6284.JPG
posted by イッコウ at 10:30| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月26日

粟ケ岳

粟ケ岳 1292.6m(新潟県加茂市、三条市) file no.1798-3
2020月6月23日(火) 単独
第二貯水池5:45 大栃平7:05-10 粟ケ岳ヒュッテ8:00-05 粟ケ岳9:05-20 粟ケ岳ヒュッテ10:10-20 大栃平11:00 第二貯水池12:00 (6時間15分)

 行程4.65km、3時間を出発。急登が続き、随所に梯子やクサリが出てくる。以外と険しい急坂だ。北峰手前からヒメサユリが咲く。それは山頂に至るまで足元で咲いていた。ヒメサユリは本日23日の誕生日の花で、新潟、山形、福島に自生する日本固有の花とか。
 山頂は生憎ガスに包まれていて景色は見えない。汗が冷えて寒いので早々に下山。600mlの水では足りない。道から3分先の水場でうまい水をいただく。

第二貯水池
IMG_6224.JPG


IMG_6225.JPG

大栃平
IMG_6226.JPG

粟ケ岳
IMG_6227.JPG


IMG_6228.JPG


IMG_6229.JPG

粟ケ岳
IMG_6231.JPG


IMG_6233.JPG

粟ケ岳
IMG_6235.JPG


粟ケ岳山頂
IMG_6239.JPG

ヒメサユリ
IMG_6240.JPG


IMG_6241.JPG


IMG_6243.JPG


IMG_6248.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

御神楽岳

御神楽岳 1386.5m(新潟県阿賀町) file no.1798-2
2020年6月22日(月) 単独
室谷登山口6:35 小沢8:25 大森8:50-9:00 雨乞峰9:50 御神楽岳10:00-30 大森11:10 小沢11:30 室谷登山口12:55 (6時間20分)

 最初は露っぽい草の道を沢沿いに進む。登るに従いブナ林へ。時々上空がぽっかり開くとまた草道になる。大森の少し先で先行者が熊を追い払っていた。木の上にいたとか。自分は唸り声を聞いただけだった。その先では熊の落とし物があった。
 アカショウビンが鳴き、ヒメサユリが見頃。山頂には福島県側から来た人が一人いた。ほとんどが室谷コースの人で以外と多く、5人に会う。道中のほとんどが展望のない道だったが登り応えのある山だった。

IMG_6194.JPG


IMG_6198.JPG


IMG_6199.JPG

熊の落とし物
IMG_6200.JPG

ヒメサユリ
IMG_6202.JPG


IMG_6204.JPG

御神楽岳
IMG_6206.JPG

ハクサンシャクナゲ
IMG_6208.JPG


IMG_6209.JPG


IMG_6210.JPG


IMG_6211.JPG


IMG_6213.JPG

ウラジロヨウラク
IMG_6215.JPG

サンカヨウの実
IMG_6219.JPG


IMG_6221.JPG
posted by イッコウ at 07:00| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月24日

五頭山

五頭山 912.5m(新潟県阿賀町、阿賀野市) file no.1798-1
2020年6月21日(日) 単独
登山口6:05 長助清水7:00-05 三ノ峰7:40-45 五頭山8:15-35 与平ノ頭9:55 菱ケ岳10:20-50 菱ケ岳登山口12:40 登山口12:50 (6時間45分)

 良く整備された歩き易い道だ。冷たい風が吹いているので汗が引っ込む。五頭山山頂からは吾妻連峰が見えるがまだ雪が残っている。あまり展望のない道を以外と時間が掛かって菱ケ岳山頂へ。ここには登山者が多くいた。
 菱ケ岳から急下降していく。まだ多くの人がこの急坂を登ってくるのですれ違いで少々待たされる。登山口にはそれぞれ40台以上の車があり多くの人が入山しているようだ。日陰で昼寝をしてから温泉入浴、そして道の駅みかわへ。

登山口
IMG_6181.JPG


IMG_6182.JPG

菱ケ岳
IMG_6184.JPG


IMG_6185.JPG


IMG_6186.JPG

五頭山山頂
IMG_6187.JPG

菱ケ岳山頂
IMG_6192.JPG


IMG_6193.JPG
posted by イッコウ at 09:04| Comment(0) | 甲信越の山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする